みんなで「ワンコインクッキング」をやってみた!

記事をシェアする

みんなで「ワンコインクッキング」をやってみた!
今回「みんなでやってみた(みんやる)」は、ワンコイン(税込500円以内)でどのような料理が作れるのかをやってみました。
協力してくれたのは、20歳~70歳のMycommentユーザーのみなさんです。

『ワンコイン』というお題のもとで、どんな食材を選定し、一体何品作れるのか。みなさんの創意工夫が感じられるワンコイン料理の数々をぜひ、ご覧ください。

それでは、さっそくみなさんのお料理を見ていきましょう。

ワンコイン調理時間別の材料&料理

調理時間~10分
まずは調理時間10分までの方たちです。

40代女性
■購入金額:201円~250円
■料理名:カニカマでまるでカニ!天津飯!
■レシピ:1.水、酢、砂糖、醤油、シャンタン、酒、片栗粉を中火でグツグツあんを作る。香味付にごま油を少々。
2.卵を割って塩、ほぐしたカニカマをいれてフライパンでとろっと半熟卵をつくる。
3.白米の上にスライドさせてあんをかけたら出来上がり!
■コメント:家の冷蔵庫にいつもある定番卵と、子供たちも好きなカニカマで、お店にいかなくても簡単にカニ風天津飯が作れるのでよく作ります。簡単、美味しい、安い三拍子揃っています!

30代女性
■購入金額:251円~300円
■料理名:茄子とたもぎ茸の味噌炒め丼
■レシピ:1.茄子3本、たもぎ茸1パックを食べやすい大きさに切る。
2.フライパンにごま油を敷き熱する。茄子とたもぎ茸を炒める。
3.火を止めて味噌、砂糖、醤油、味醂を混ぜ合わせたものを加え混ぜる。
■コメント:普段、数日分の食材をまとめて買うので、一食ワンコインというのが難しかった。(卵1個だけを使いたくても1パック購入すると予算オーバーするなど) 本当は茄子とひき肉で作ろうと思ったけれど、ひき肉の小さいパックが売っておらず500円を超えそうだったのでキノコに変更しました。

30代男性
■購入金額:201円~250円
■料理名:大学芋
■レシピ:1.さつまいもといりごま、調味料は油と砂糖と醤油を用意します。
2.さつまいもをいちょうぎりにして、油適量で炒めます。
3.火が通ったら、砂糖と醤油を適量入れて絡めたら出来上がり。仕上げにいりごまをふったら完成です。
■コメント:さつまいもは大きく切ると火が通りにくいので、うすくいちょうぎりにします。火が通ったところで砂糖と醤油を混ぜることで、さつまいもとよく絡みます。最後にゴマをふると香ばしくなりとても美味しいです。

 
 

調理時間11分~20分
続いて、調理時間11分~20分までの方たちです。

40代女性
■購入金額:451円~500円
■料理名:餃子、キュウリの浅漬け
■レシピ:1.餃子:豚ひき肉、キャベツのみじん切り、にらのみじん切りに塩コショウ、酒、醤油、ゴマ油、砂糖、片栗粉を混ぜ合わせてタネを作り、餃子の皮に包んで焼く。
2.キュウリ:塩、砂糖、唐辛子を加えて混ぜて、30分冷蔵庫でねかせる。
■コメント:餃子はキャベツや白菜のみじん切りに塩をあえて、しばらくおいてから水を切ると野菜の食感がよくなります。 予算があと44円残ったので、もやしを買って、余ったキャベツでもやし炒めも作れたかも!

20代女性
■購入金額:451円~500円
■料理名:セロリ菜の中華スープ、砂肝とキャベツのピリ辛味噌炒め、椎茸の煮浸し
■レシピ:1.中華スープ:セロリ菜と水500ccを沸騰させ、鶏がらスープの素を入れる、塩胡椒で味を調える
2.味噌炒め:砂肝を食べやすい大きさに切り、炒める。火が通ったらキャベツをさっと炒め、味噌、豆板醤、砂糖、みりん、水を混ぜ合わせたものを入れさらに炒める。塩胡椒で味を調える。盛り付けたら上に温泉卵を乗せる。
3.椎茸の煮浸し:椎茸と水を沸騰させ、濃口醤油、みりん、砂糖、だし粉末を入れ、水分を飛ばしながら味を調える。
■コメント:砂肝は火が通りにくいので、小さめに切る。 味噌や鶏がらスープの素があれば何とかなるので、野菜は半額商品のものを買う。 煮浸しを準備してから炒め物に入ると時間の短縮になります。

40代女性
■購入金額:301円~350円
■料理名:鶏肉ともやしの生春巻
■料理名:大学芋
■レシピ:1.生春巻の皮を水でもどす。 鶏肉は塩こうじにつけて、少しおき、シリコンスチーマーで5分加熱。
2.もやしもシリコンスチーマーで1分加熱。戻した生春巻の皮に、鶏肉をほぐし、もやしをのせ、巻く。
3.食べやすくカットして、スイートチリをつけて食べる。
■コメント:ワンコインなので小さい生春巻の皮しか買えなかったので巻くのが大変でした。鶏肉は、塩こうじでジューシーにして、加熱し過ぎると固くなるので、様子を見ながら電子レンジを使うのがポイントです。暑い日も火を使わず、簡単におつまみにも、サラダにもなる1品が出来ます。

30代女性
■購入金額:401円~450円
■料理名:なすとベーコンのオリーブオイル焼き、もやしときゅうりのピリ辛ナムル
■レシピ:1.なすとベーコンのオリーブオイル焼き:ベーコンを細切りにする。なすは横半分に切ってから縦に4等分し、皮の方に切れ目をいれる。
2.フライパンにオリーブオイルをひき、ベーコンを耐熱皿にのせ、ラップをして電子レンジ1分ほどチンし、カリカリにする。
3.なすはフライパンにオリーブオイルをひいて両面を焼き、中まで火が通ったら塩胡椒をする。
4.なすをフライパンにならべ、上からベーコンをちらして完成。
5.もやしときゅうりのピリ辛ナムル:きゅうりを千切りにして塩を揉み込み、しばらく置いておく。もやしを少し茹でる。もやしときゅうりをボウルに入れ、ウェイパー、豆板醤、塩を入れ、最後にごまとゴマ油をたらし完成。
■コメント:価格の安いもやしを利用したことと、きゅうり、なすなどの夏野菜を利用して、きちんと季節感や栄養価もとりつつ、あまり火を使わないで、調理が簡単な料理を作ることにした。

 
 

調理時間21分~30分
続いて、調理時間21分~30分までの方たちです。

50代女性
■購入金額:451円~500円
■料理名:天津飯風、ちくわのクルクル、キャベツの塩麴漬け、豚汁風味噌汁
■レシピ:1.天津飯風:細切りのちくわと細切りにした野菜を炒め、卵に加えて丸く焼く。ポン酢を利用してあんを作りご飯にかける。
2.ちくわのクルクル:縦横それぞれ半分に切ったちくわを豚バラ肉でクルクル巻き、フライパンで焼き、みりん、しょうゆ、砂糖、酒で作ったたれを絡める。
3.キャベツの塩麴漬け:野菜を塩麴で揉んで、カイワレも加える。
4.豚汁風味噌汁:豚バラ肉の脂身の部分を少々カットして味噌汁の野菜を煮るときに加えて風味をつける。
■コメント:普段は野菜のかなりの分量を家庭菜園で賄っているし、貰い物も多いので食費はあまりかかっていないのだけれど、いざ500円で購入しようと思うとなかなか難しかった。
せっかくなので一品だけではなく、主食、主菜、副菜、汁物すべてを作ってみようと思った。
野菜は色々買えないので、キャベツ、玉ねぎ、にんじん、もやし、ピーマンの入ったカット野菜を購入して使いまわした。青味としてカイワレを使った。 豚肉はちょっとしか買えなかったのでちくわに巻いてボリュームアップ。 卵は10個入りのパックを購入したのでまだ6個も残っている。あと一品工夫したらよかったかも。
楽しかった。条件の提示されているメニューを考えるのは難しいけれど、楽しいに違いない。またやりたい。

40代女性
■購入金額:451円~500円
■料理名:コーンバター醤油ごはん、酢鶏、肉味噌サラダ、ポンラー冷奴
■レシピ:1.コーンバター醤油ごはん:ミックスベジタブルからコーンだけ選り分けて、中華スープの素、酒、醤油、バターを入れて炊飯。
2.酢鶏:鶏胸肉1/2枚をそぎ切りして塩胡椒。片栗粉をまぶしてフライパンで焼く。いったん取り出して、ミックスベジタブルと玉ねぎをサッと炒めて鶏胸肉を戻す。ケチャップとスイートチリソースを混ぜたものをフライパンに入れて一混ぜする。
3.肉味噌サラダ:きゅうりを薄切りして皿に並べる。鶏胸肉1/2を叩いてミンチにする。鶏ミンチをフライパンで炒め、玉ねぎみじん切りとミックスベジタブルを加え「つけて味噌かけて味噌(味噌ダレ)」を入れて一混ぜ。
4.ラーポン冷奴:鶏胸肉から鶏皮を外し、湯通し。細かく切って、水にさらした玉ねきスライスときゅうりの細切り(緑が濃い部分をメインに使用)をポン酢とラー油で和える。皿にのせた絹ごし豆腐の上にかける。
■コメント:激安店ではなく、どこにでもあるイオンで購入してみました。時短と彩りが欲しかったのでミックスベジタブルを使用、いろんな部位があり、皮も使える鶏胸肉を使用しました。

40代男性
■購入金額:451円~500円
■料理名:お好み焼き 豚玉
■レシピ:1.豚肉 169g、たまご 6個、中力粉 500g、キャベツ 3/2個、ソース、かつおぶし、マヨネーズ、しょうゆ、ほんだし、青のり(お好みで)
2.小麦粉(中力粉)をボールに入れ、ホンダシを少々、しょうゆを一滴入れた後水を粉と同じ量入れて卵を1個入れて混ぜる。気温、湿度で混ざり方が変わるので粉を調節しながら粘りがある程度になるまで混ぜる。
3.キャベツを千切りにする。大人の手で一掴みを2回で1枚分。4人分なので8掴み分切る。1枚分の刻んだキャベツをボールに取り、先に混ぜた粉を入れて卵を1個入れて混ぜる。4.熱したフライパンに油を敷き弱火でフタをして焼く。粉とキャベツを混ぜた物を敷き豚肉を広げて上から卵を落とす。卵の白身が白くなって来たら卵を潰して裏返す。焼けたらお好みソース、マヨネーズ、カツオブシをかけて完成。
■コメント:お好み焼き粉は高いので、中力粉にホンダシを入れれば十分。一滴醤油を入れるのがコツです。柔らかい春キャベツは水分が多くお好み焼きには向かない。固い寒キャベツの方がカラッと焼けるし味が全然違うから春キャベツではやらない方がいいです。

30代女性
■購入金額:451円~500円
■料理名:冷奴、ベビーリーフサラダ、ジャーマンポテト、鶏挽き肉のつくねマヨネーズ風味
■レシピ:1.鶏挽き肉のつくね:挽き肉に塩、胡椒をして、マヨネーズを入れてこねる。片栗粉を小さじ1杯入れて混ぜる。 フライパンに油をしいて焼く。
2.ジャーマンポテト:じゃがいもの皮を剥いて一口大に切って電子レンジで4分。 あらかた火が通ったじゃがいもをフライパンに入れて、マーガリンを入れ、塩、胡椒をふる。 ベーコンを切って混ぜ合わせる。
■コメント:時短で作れるようにじゃがいもを電子レンジであらかた火が通った状態にするのがポイントです。
電子レンジを使ってる間につくねに火を通して、そのままのフライパンでポテトを調理。 洗い物も減るし、油も無駄にならないです。 30%オフの食材を見つけてからレシピを考えると安くできます。 栄養を考えるともう少し野菜が欲しいですが、育ち盛りの子供には野菜よりも体を作るたんぱく質が大切。と 成長クリニックの先生に言われたので、つくね、冷奴、ベーコンとたんぱく質を多めで、じゃがいも、お米で炭水化物を 取れるようにしています。
つくねはマヨネーズを始めに混ぜこむことで、冷めても美味しいですし、何も付けずに食べられるので、大量に作って冷凍し、お弁当のおかずにもできます。

 
 

調理時間31分~40分
続いて、調理時間31分~40分までの方たちです。

30代女性
■購入金額:451円~500円
■料理名:トリテリ丼とハッシュドポテト
■レシピ:1.鶏肉を焼く。ハチミツと醤油でテリヤキにする。 レタスを洗い、ご飯の上にのせる。卵を焼いてレタスの上にのせる。 鶏肉のテリヤキをのせる。
2.ハッシュドポテト いもをフードプロセッサーで小さくして、片栗粉、塩を入れる。 油であげる。
■コメント:見切り品を利用しました。 芋もレタスも見切り品ですが、すぐに調理して食べれば気になりません。 子どもが好きな料理です。

40代女性
■購入金額:451円~500円
■料理名:鶏ひき肉とモヤシのハンバーグ、白菜とお豆腐の煮物、もやしとしめじの味噌汁、白菜サラダ
■レシピ:1.鶏ひき肉のハンバーグ:ひき肉に酒、醤油で下味をつけ、小さくカットしたもやしを混ぜ成形する。油をひいたフライパンで焼き、みりん、醤油、酒各大1、砂糖大さじ0.5の和風ソースを絡める。
2.白菜の煮物:めんつゆで味付したスープに野菜を入れ一煮立ちさせる。
3.白菜サラダ:太めに千切りした白菜を2分チンして、マヨネーズと少量のお酢を入れ混ぜ合わせる。
■コメント:満腹感を得られように、お肉を買いたかったので、安い鶏ひき肉を利用しました。 野菜もたくさん摂りたかったので、100円以下で買える野菜を選びました。

20代女性
■購入金額:451円~500円
■料理名:野菜たっぷりおから餃子
■レシピ:1.ネギ、エノキ、もやし、キャベツを細かくみじん切りにする。
2.ボウルに、みじん切りにした野菜と挽き肉、おから、ゴマ油、醤油を入れて混ぜる。(ゴマ油、醤油はお好みの量で)
3.餃子の皮で包んでいく。
4.サラダ油をフライパンにしいて餃子を並べる。
5.お湯100ccを入れて蓋をする。
6.様子を見ながら水分がなくなってチリチリ音がしてきたら、蓋をあけてゴマ油を回しかける。
7.お皿に出して完成。
■コメント:今回の野菜たっぷりおから餃子は、挽き肉の量を減らして、おからや野菜でかさ増ししてヘルシーに仕上げています。

50代男性
■購入金額:451円~500円
■料理名:コロッケ、ニラ玉
■レシピ:じゃがいもにひき肉をまぜてたまごとパン粉で揚げました。ニラ玉は水、ソーメン用のだし少し、醤油小さじ一杯くらいで蒸します。
■コメント:コロッケは子供達用に面白い、今回はおにぎり形、にしました。固めやすいし。ニラ玉は最後に味の素などを入れるとぐんと美味しくなります。

 
 

調理時間41分~50分
続いて、調理時間41分~50分までの方たちです。

30代女性
■購入金額:401円~450円
■料理名:厚揚げと小松菜の煮物 しめじのツナ和え
■レシピ:1.厚揚げと小松菜の煮物:厚揚げと小松菜、500mlの水を鍋に入れて火にかける。沸騰したらダシと、醤油、みりん、酒(各大さじ2)を入れて再び沸騰するまで煮る。
2.しめじのツナ和え:シメジとツナを耐熱のボールに入れ、ごま油少々、中華だし少々、塩コショウして混ぜる。 ラップを掛けて600wで3分電子レンジで加熱。 中身を混ぜて再び600wで3分加熱する。
■コメント:野菜は出来るだけ安価で購入出来る食材を選びました。余った金額で少し高価なシーチキンを入れることで安っぽさを軽減しています。 どちらを先に作っても、1つ作っている間にもう一品作れる時短レシピです。

50代女性
■購入金額:451円~500円
■料理名:オクラの豚バラ巻き、ニンジンしりしり、モヤシ炒め
■レシピ:1.オクラの豚バラ巻き:オクラをサッと茹でて、豚バラ肉で巻いたあと、油をひいたフライパンで焼きます。味付けは酒・砂糖・味の素・醤油です。汁が少なくなったら火を消して、少し冷めたところで切って盛り付けます。
2.ニンジンしりしり:ニンジンを細く切り、胡麻油で炒めます。酒・砂糖・ほんだし・醤油で味を付けます。
3.モヤシ炒め:フライパンに油をひいて、豚バラ肉・モヤシ・ニンジンを炒めます。味付けは塩・コショー・ソウミシャンタンです。
■コメント:材料費を500円以内で抑えるのは、思っていたよりも難しかったです。スーパーで特売の商品や質の良い商品を見つけると、ついついあれもこれも購入したくなってしまい困りました。スマホの電卓機能を駆使して、なんとかワンコインでおさめました。
『オクラの豚バラ巻き』は、七夕を意識しました。オクラの切り口が星に見えると良いのですが…。『ニンジンしりしり』は、ひたすらニンジンを包丁で千切りしましたので、手がだるくなりました。卵を使えればさらに良かったです。『モヤシ炒め』は、それぞれ余った豚バラ肉とニンジンも入れて少し豪華にしました。モヤシは経済的でほんとうに助かりました。

30代男性
■購入金額:351円~400円
■料理名:レバニラ炒め レバー唐揚げ
■レシピ:レバーの下処理(レバニラ炒め、レバー唐揚げ共通) レバーを水洗いし、水に付け、20分ほど置いておく。 キッチンペーパーで水気を取っておく。
レバニラ炒めの作り方:材料 レバー 200g ニラ1束 もやし1袋 醤油大さじ1★ 酒大さじ2★ 砂糖大さじ2分の1★ こしょう少々★ オイスターソース大さじ1★ にんにくチューブ3センチ★ ごま油大さじ1 サラダ油大さじ1 片栗粉
1.★の調味料を混ぜておく。
2.レバーに片栗粉をまぶして、サラダ油を熱したフライパンで両面に焼き目が着くように焼く。その後、皿に移しておく。
3.ごま油を熱してニラ、もやしの順番でサッと炒め、焼いておいたレバーを入れ、★の混ぜておいた調味料をいれる。全体的に火が通ったらできあがり。

レバー唐揚げの作り方:材料 レバー200g 醤油大さじ1★ 酒大さじ3★ 生姜チューブ3センチ★ にんにくチューブ3センチ★ 片栗粉 揚げ油
1.★の調味料を混ぜて、調理用の袋に入れ、そこにレバーをいれる。2時間ほど置いておく。
2.軽くレバーの水気を取り、片栗粉をまぶして揚げる。
■コメント:お肉だと家族分作ろうとすると、値段が結構かかるので、比較的安いレバーを使いました。
レバーはそのまま焼くと固くなるので、片栗粉でコーティングするようにして、柔らかさが残るようにしました。子供が唐揚げが好きなのでレバニラ炒めのついでにレバー唐揚げを作りました。


調理時間61分以上
調理時間51分~60分までの方は今回の調査ではいらっしゃらなかったので、
続いて、調理時間61分以上……調理に一時間以上をかけていただいた方たちです。

60代男性
■購入金額:301円~350円
■料理名:鶏胸肉のチリソース、ムネニク鶏胸肉のオイスター&マヨネーズソース和え、棒棒鶏サラダ、チキン中華スープ
■レシピ:1.鶏胸肉チリソース:海老チリの海老を鶏胸肉に変えた。 豆板醤とケチャップで味を決めスープを入れて鶏胸肉とネギを煮込む。
2.鶏胸肉のオイスター&マヨネーズソース和え 鶏胸肉薄切りに片栗粉をまぶしフライパンで焼いたものをさましてマヨネーズとオイスターソースをまぜたソースでからめる。
3.棒棒鶏サラダ:鶏胸肉を茹でて手で細くさく白髪ねぎを添えてドレッシングをかける。
4.チキン中華スープ:鶏胸肉を茹でたスープに中華スープの素を入れて味付けする。ネギの青いところを彩りに使いました。
■コメント:鶏胸肉は淡白な味なので料理方法で、味付けが色々応用できると思う。 普段の料理番組などで、素材を変えて味付けを応用出来ないか考える。 食材の購入はネットで色々な店のチラシを見てから購入する事にしている。

30代女性
■購入金額:451円~500円
■料理名:タンドリーチキンともやしのゴママヨ和えとトマト
■レシピ:鶏むね肉を開き一口大に切り、包丁の背で叩く。カレー粉、塩、ヨーグルトを混ぜ、袋に肉と一緒に入れ馴染ませる。30分ほどおいて、耐熱容器に移してグリルで両面焼く。
もやしをゆで、すりごまとマヨネーズで和え、トマトと一緒に器に盛る。
■コメント:500円だと食材数が限られてくるので、出来るだけ安い食材を揃え、調味料で食べ応えのある味に出来るように工夫しました。

 
 

ワンコイン縛りで一番購入されている価格帯は?


ワンコインという縛りがある中で、一番どの価格帯で購入されている人が多いのかを集計しました。
集計の結果、451円~500円が圧倒的に多いという事がわかりました。
ワンコインの中で、500円までフルでご購入をされていた方が多く、安い金額で済ませた方は少なかったようです。
 
 

トータル調理時間について


続いて、ワンコイン調理時間について集計しました。
圧倒的に多いのは、「21分~30分」の23人です。
続いて、「11分~20分」の16人、「31分~40分」の12人となっています。
「ワンコイン」で作る料理は、購入できる材料も限られてくるせいなのかあまり時間をかけない傾向にあるのかもしれません。
 
 

さらに、ワンコイン調理時間と調理品数をみてみました。
今回61人の方にご参加いただき、調理品数の平均値は1人当たり約2品となっています。
さらに、調理時間帯別の調理数分布についても集計してみました。
 
調理品数が一番多いのは、「調理時間21分~30分」の合計50品になっています。
続いて、「調理時間11分~20分」の合計24品となっています。
調理時間が30分までにほぼ偏っているのは、先ほど述べた通り「ワンコインで購入できる材料が限られている」ので、調理時間も必然的に短いメニューを選択せざるを得ないのかもしれません。

 
 

お問い合わせ頂いた方には、記事内では紹介しなかった上記の質問の回答も公開しています。
詳細なデータを見たい方は、ぜひ下記よりお問い合わせください。

<調査概要>
・調査期間:2018年7月4日~8日
・エリア :全国
・対象者 :Mycommentユーザーの男女
・有効回答サンプル数:61サンプル
・調査手法:体験型リサーチ(Mycomment(マイコメント))

また、「こんな調査をしたいけどできるのかな?」と考えている企業のご担当者さま、ご相談は随時受け付けておりますので、下記からお気軽にお問合せください!タイアップ記事も可能です。

▼お問合せ内容にチェックを入れてください。

記事をシェアする

この記事をSNSにシェア